プロフィール

jun

Author:jun

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーリンク


相互リンクPRO

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブルースが大好き!
ブルースが大好きで、その魅力にはまってしまった男のブログ。 みんなで腰までつかろうブルースに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はずかしがり屋なのか大胆不敵なのか...
クロスロード伝説以外にジョンスンにまつわる
エピソードとして、「レコーディング時に壁に
向かって弾いた」というのがあります。

二つの解釈があって、ひとつは...


録音時には、まわりに人がいるので、自分の演奏を
誰にも見せたくなかったという説。

ロバート・ジョンソンは、シャイで照れ屋だったので、
自分の弾いているところを見られるのを嫌がったのか、
あるいは自分が苦労して習得したテクニックを
盗まれるのがいやだったのか。


もうひとつは、壁にギターの音を反響させてサウンドを
よくしようとしたという説。

ライクーダーいわく「あれだけのブルースを奏でる
男が照れ屋なわけがない、壁に音をあててビッグサウンドを
得ようとしたのさ」

たしかにギタリスト...いや、楽器をやってる人ってそういうこと
をやります。わたしでさえスタジオでアンプを壁に向けて
その音の違いを調べたことありますから。
(中音域がゆたかになります)

で、ジョンスンの曲の中でもスッ飛び感炸裂!
驚異のスライドナンバー「Preaching Blues」を聞いていると
とてもはずかしがり屋とは思えません(笑)

でも、でも、人に見られたくなくて後ろを向いてプレイした
というのも、残された2枚の写真を見ていると
「ああ、そうなのかなぁ」という気になります。

伝説は想像が膨らみおもしろいですね。


レコーディング現場に潜入したい...
それには、ドラえもんの力が必要だ

よろしかったらぜひ応援クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
人気blogランキング

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://blues01.blog27.fc2.com/tb.php/13-277fe7f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロバート・ジョンスン

ロバート・ジョンスンについて書いてみました!!TBいたしました。 ブルーズマンの、ブルージーな話【2005/10/19 11:39】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。