プロフィール

jun

Author:jun

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーリンク


相互リンクPRO

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブルースが大好き!
ブルースが大好きで、その魅力にはまってしまった男のブログ。 みんなで腰までつかろうブルースに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルースの巨星
ロバート・ジョンスンがここまでブルースの世界で
大きな大きな存在になったのは、もちろん楽曲の
素晴らしさやギター、歌、歌詞の素晴らしさも
あると思いますが、エリック・クラプトンや
キース・リチャーズらが、
ロバート・ジョンソン称賛のコメントをインタビュー
などで語っていることも要因にあるかもしれません。

クラプトンは、「ジョンソンがいなかったら今の自分は、
いない」と言うほど、自分の中では特別中の特別な存在と
位置付けてます。

ジョンソンの話になると目の色が変わり、声のトーンも
変わるそうです。(笑)

キースリチャーズは、初めてロバート・ジョンスンを
ブライアン・ジョーンズの部屋で聞いた時...

「2本のギターが聞こえて、まったく1人でやっていると
気が付くまでかなり時間がかかった。同時に演奏し、
歌っているなんて脳みそが3つあるに違いないと思った」

と語っています。
キース・リチャーズの話は、ロバート・ジョンスンの事を評する時、必ず使われますし実際
(特にギタリストなら)
誰もが感じる事なのではないでしょうか?

また27歳で毒殺された.....若くして亡くなったことも、
あると思います。

真に才能ある人間が若くして短期間で、思いっきり
持ちうるものを放出させると、短命に終わって
しまうのでしょうか?

ジミヘンドリックス、ジャニスジョプリン、ジムモリスン...

後のロックが持っていた負の部分をロバート・ジョンスンは
すでに体現していたかのようです。


クラプトンもキースも聞きまくったアルバム。


ランキングがあがりモチベーションも上がれば
更によい記事が書けます...多分(^^;
↓↓↓↓↓↓      
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
TBありがとうございました
はじめまして。
すっごい詳しいですねぇ。
感服です!
私はバディ・ガイなんかのカッチョいい~ブルース大好きです!

これからもヨロシクお願いしま~す!
【2005/10/22 07:04】 URL | B・B・金吾 #- [ 編集]

コメントありがとうございます
いえいえ、わたしなどより詳しい方はいっぱいいらっしゃいますので。(汗)
まだまだ勉強中ですが、自分なりにブルースに関して感じることや
知っていることを、ツラツラと書いていこうと思います。
また、よろしくお願いします。
【2005/10/22 17:32】 URL | jun #0Tj4nYXc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://blues01.blog27.fc2.com/tb.php/17-68aa3f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。